取り組み・お知らせInformation

ホーム > 取り組み・お知らせ > アーバンケア稲田秋祭りのお知らせ

2019/09/23 アーバンケア稲田秋祭りのお知らせ

9月23日は秋分の日です。

”食欲の秋”や”読書の秋”と言われますが、今回は”スポーツの秋”にスポットライトを当てたいと思います。

由寿会が拠点を置く東大阪市では、先日ラグビーワールドカップが開催されました!

場所はアーバンケア島之内からすぐ近くの花園ラグビー場です。

今回、日本代表に選ばれた31名中、なんと約半数の15名が外国出身選手です。

他のスポーツの多くは「日本代表」と呼ばれるメンバーになるためには、日本国籍が必要です。

その一方でラグビーは、以下の条件のうち少なくとも1つを満たせば資格が与えられます。

1. その国・地域で出生したこと。

2 .両親および祖父母のうち少なくとも1人が、その国・地域で出生したこと。

3. その国・地域に36か月以上継続して居住しつづけていること。

その国の国籍を持っていなくても代表資格を得られる多様性のあるスポーツだとされています。

このような多様性が必要とされるのはスポーツの世界だけではありません。

2025年問題“をご存知でしょうか。

日本では2025年に団塊の世代が後期高齢者となります。

それにより3人に1人が65歳以上・5人に1人が75歳以上という、『超高齢社会』を迎えるとされています。

こうした問題に向け、介護人材確保の持続可能性を高めるには多様な参入を進めていくことが必要となります。

しかしながら、 介護の一面的なマイナスイメージの流布が要因となり人材不足に拍車がかかっております。

多様な人材に対する介護職の理解促進と社会的評価の向上は目下の緊急課題です。

こうしたイメージは採用活動においても大きな壁となっています。

今すぐにイメージを覆すことが難しいなら、「介護業界の中でも、由寿会だけは違う。」「由寿会なら安心して子供を任せられる。」

と思って頂けるようなブランディングに今年は注力したいと思っております。

私たちは誰もが介護する立場にも、される立場にもなり得ます。

その時に幸せな老後を迎えられるよう、今自分たちが出来ることを最大限行うべきなのかもしれません。

さて、、タイトルと話が大きくそれてしまいましたが、ここでお祭りの告知をさせていただきます!

前回は、アーバンケア島之内の秋祭りをお知らせさせて頂きました♪

その翌週にアーバンケア稲田でも開催させて頂きます。

10月13日(日)10時~15時です!

このチラシにも多様な国のみなさんのイラストが使用されていますね!

ちなみに由寿会では、ベトナムやフィリピンやインドネシアなど様々な国籍の方が一緒に働いています♩

、、無理やり話を繋げたようになりました。

最後にもう一度告知しておきます。

10月6日はアーバンケア島之内に!!

そして翌週13日はアーバンケア稲田に!!

お越しくださいませ!!

ぜひお待ちしております!!!!

本部 林

取り組み・お知らせ一覧へ戻る