取り組み・お知らせInformation

ホーム > 取り組み・お知らせ > 新型コロナウイルスについて(3)

2020/04/04 新型コロナウイルスについて(3)

ふんわり桜のライン

ご利用者様・ご家族様へ

” コロナウイルス蔓延防止について ”

陽春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス蔓延防止の為のお願いです。

ご家族様・近親者に、

・新型コロナウイルスの陽性の方

・陽性疑いのある方

・濃厚接触の方

がおられる場合は各施設長までお知らせください。

社会福祉法人由寿会 本部

ふんわり桜のライン

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

コロナウイルス感染者数が増え続けています。
テレビをつければ暗い報道ばかりの日々。

経済にも支障が出始め、生活困窮者数は膨大になると予想されます。

ここでは少しでも、ほっこりするニュースをお届けしたいと思います。

ついに、、、

いちごが発芽しました!🌱

小さいのに、葉っぱの形。
成長が楽しみです。

そして、先日の桜ですが…

3月17日

ぽつんと。

3月20日

ぽつぽつと。

3月21日

この蕾は最後まで開きませんでした。

それもそれで、すきでした。

 

3月23日

満開の桜と老健の窓辺。

 

3月26日

♡のかたち。

3月28日

有終の美を飾るような快晴でした。

3月30日

哀愁を感じます。

本日、4月4日。

1ヶ月経たないうちに葉桜となりました。

「桜は儚いから美しい。」

儚さが持つ美しさとは、何なのでしょうか。

“諸行無常”という言葉があります。

この世の全てのものは移り行き、変わらないものはないという意味です。

でも私たちは日頃あまり変化を意識しません。

簡単には変わらないとさえ思っています。

そして変わらない日常に息苦しさを覚えます。

「この先ずっとこのままなのか?」と。

そんな時に息苦しさから解放させてくれる存在こそが儚いものなのかもしれません。

その時間だけは日常を忘れられます。

でもその存在は、いつか無くなります。

儚さが持つ美しさとは、そういうことなのでしょうか。

 

社会福祉法人由寿会 本部企画室 林

取り組み・お知らせ一覧へ戻る