Work Style 04 保育士・保育教諭竹内 綾菜/吉田 朋2017年入社/2013年入職

子どもたちの成長に寄り添いながら、
自分も成長できます!

今のお仕事内容、幸せ&やりがいは?

仕事でおもしろいと感じるのは、子どもたちが、それまでできなかったことが、できるようになったのを見られる瞬間。特に、子ども同士でも「ごめん」や「ありがとう」を自然に言えるようになった時は、本当に感動的です。こんな風に子どもたちの成長していく姿を見ることができるのは、保育士の仕事の大きな魅力ですね。<竹内>

私は、子どもと接する時に、笑顔を大切にしているのですが、そうしている中で、子どもたちの笑顔がどんどん増えていくのは、最高に幸せ。また最初は、名前も呼んでくれなかった子どもが、「吉田先生、好き」と言ってくれ、涙がでそうなくらい嬉しい体験も。大変ですが、常に喜びを実感できる保育士になって良かったです。<吉田>

なぜ、由寿会に就職されたのですか?

アーバンケア保育園の理念に共感したのと、介護福祉事業を由寿会が展開していることから、園児と高齢者との交流もあることに興味を持ちました。もともと大学では、高齢者福祉について学んでおり、保育教諭の資格は独学で4回生の時に取りました。そのため、実習経験はまったくありませんでしたが、由寿会では先輩のフォローが徹底していて、すごく安心でした。<竹内>

東大阪生まれで、東大阪育ちの私が、学生時代に考えていたのは、「自分の好きな東大阪で、子どもたちと関わる仕事がしたい」ということでした。ちょうど就活の時に、由寿会が保育園を開設するタイミングだったことから面接へ。その時、“地域の灯台”として地域を大切にするという考えに共感し、入職を決めました。<吉田>

採用トップに戻る

採用エントリー

皆さまにお会いできること、
心より楽しみにしております。

ENTRYエントリー

あさがくナビへ移動します。